HOME > 美術教育TOP

美術陶芸コース

    専門学科「美術科」の設置について

平成28年1月12日(火)に開催された神奈川県教育委員会1月定例会において、県立高校改革実施計画(1期)が承認され、上矢部高校は平成29年度入学生から、普通科に加え専門学科「美術科」を設置する学校として新たにスタートすることとなりました。これに伴い、「普通科美術陶芸コース」は平成29年度入学生から生徒募集を停止いたします。

専門学科とは、「専門教科・科目」をすべての生徒が25単位以上履修することになる教育課程をもつ学科のことで、新たに設置される美術科は、これまでの美術陶芸コースの取組みを継承しつつ、一層専門的に発展させた学習内容を展開することになります。

上矢部高校は、美術陶芸コースの伝統をふまえながら、美術文化の創造と発展に寄与する人材の育成にこれまで以上に積極的に取り組んでまいります。なお、平 成28年度に入学する皆さんは、これまで学校説明会等でお知らせした平成28年度入学生用のカリキュラムに沿って学習し、美術陶芸コースを卒業することと なりますので、ご承知おきください。

 美術科の特色

美術科では、将来、美術のいろいろな分野において社会に貢献できる人材の育成をめざし、美術に関する高い意欲と幅広い視野、確かな基礎力を身に付け、美術大学への進学に対応できる専門的教育を展開します。

・3年間で、美術科目を必修で27単位、選択科目を含めると最大33単位学ぶことができます。
・多数の美術・工芸関連教室や4基の窯など施設が充実しています。
・美術館見学、専門家の講演、卒業制作展など、さまざまな活動や発表の機会があります。
・美術部、陶芸部、アニメ漫画研究部など、アート系の部活動も盛んです。
・充実した専門科目と進路指導により、美術大学進学に対応できる力を身に付けます。

上矢部高校 専門学科 設置基本計画案(神奈川県教育委員会ホームページ)


美術科のカリキュラム